薬剤師転職で選ぶべき転職エージェント

転職エージェントのメリット・デメリット!薬剤師転職で選ぶべき会社とは?

最近の薬剤師転職事情をご存知ですか?今までのような転職方法とは異なり、新たな形で転職を成功させる薬剤師の方が多くいらっしゃいます。薬剤師転職のトレンドとしては、転職エージェントを使ったものが多くなってきています。これは人材紹介会社を仲介した転職のこと。では転職エージェントを使った転職方法にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここではその二つの側面についてご紹介し、本当に使うべきかどうかの判断材料を提供したいと思います。

 

ゼファルリン 口コミ

 

そもそも転職エージェントとはどういったサービスなのでしょうか。これは薬剤師と企業とを仲介する会社で、転職したい薬剤師に求人情報を、薬剤師を雇いたい企業には人材情報を提供するものです。大手のリクルート系の会社を始め、最近では様々な会社が同様のサービスを展開しています。

 

転職エージェントを使った転職のメリットには以下のようなものがあります。

 

・自分で求人を探す手間が省ける
・書類作成や面接指導が受けられる
・年収などの交渉を代行してくれる
・無料で使うことが出来る

 

他にも、面接日の設定など面倒な作業を代理で行なってくれます。転職活動の一部をアウトソーシングすることによって、より効率的に転職活動が出来ることが転職エージェントを使うメリットであると言えるでしょう。無料であることも高いポイントです。

 

一方でメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

 

・時間が若干拘束される
・人によっては十分なサービスが受けられない
・コンプライアンスの低い業者もある

 

一人ではなく、コンサルタントと一緒になって転職活動を行うため、若干ですが時間が拘束されます。自分一人ですべて進めたい人には向いていないでしょう。また担当のコンサルタントによってサービスの質が上下するため、人によっては十分なサービスが受けられないこともあります。業者によっては個人情報漏洩の危険もあります。

 

いずれにしても転職エージェントは様々なメリットがあるサービスです。悪い業者やコンサルタントに出会わない為には複数の業者を選ぶことも1つの方法でしょう。